どうしてみんなは株に興味がないんだろう。2年前僕はおんぼろアパートの1階に一人寂しく住んでいました。そしてそれからたった2年で結婚し、今では都内某所のマンション15階に家を借りています。あれもこれも、株のお陰です。

2016年12月の記事一覧

株の儲けだけで家を建てることを目標とするなら

株の儲けだけで家を建てることを目標とするのであれば、相当の利益を出す必要があります。そのためには、利益を出せるだけの資金を作る必要があります。つまり、最初の資金をいかに増やしていくかが課題となります。その方法はふたつあります。まず細かく売買を繰り返しながら利益を積み上げる方法です。これは常に相場の動きをチェックすることで、大きく損失を発生するリスクを避けることが可能となります。けれども日中に仕事をしているサラリーマンには難しい方法です。そこでもうひとつの、長期保有による方法があります。といっても、銘柄を購入して放置するわけではなく、相場が下げに向かう場合にはポジションを減らし、逆に相場が上昇する局面ではポジションを増やすように操作することになります。このように購入単価を下げながら株数を増やすことで、資金を増加させる方法となります。資金が増えれば、同じように株価は動いても大きく資金は増えることになります。逆に動けば資金は大きく減少することにも注意は必要です。そのために、いかにリスクを抑えるかがポイントとなります。家を建てるとなれば相当の資金が必要となります。少なくとも頭金を作り、ローンの返済ができるような利益を毎月生み出すことが必要です。けれども収益を毎月生むとなると、その額は不安定なものとなるために極力返済額は少なくする必要があります。そこで、頭金となる資金を得るまで細かくリスク管理を行いながら取引をすることが大事です。一機に増やそうとすると、どうしても大きなリスクを取りがちになります。そのためには、ある程度の利益率を計算してどの程度の期間をかけて増やしていくのかを計画することも大切となります。

続きを読む

実際のところ株は儲からないこともあります

株をやっていると言うとお金を持っている、儲かっていると思われている人が多いかと思います。しかし、実際にどうかと言うと儲かっていない人が多いのが現状です。
取引を個人で行っている人にはそれぞれ目的があります。まずは、デイトレーダーのように短期で売買を繰り返している人です。短期での売買で収益を得ることを目的としております。2つ目は、配当を目的とした取引です。配当を出している企業からの1年に2回の配当を得るために株式を購入している人です。3つ目は株主優待を得るためです。優待の内容はいろいろあり、その企業の商品、サービスを得るための券だったり、商品券、お米、各種チケットであったりします。もちろん、配当、優待券を目的として購入している人も株が上がると売却益を得ることができます。
実際に株をやっている人が儲かっているかというと、儲かっていない人が多いのです。実際にバブル時には30000円以上あった平均株価も現在は16000円台です。つい最近までは10000円付近を停滞しておりました。これからわかるように以前から持っているひとは売却すると損をしてしまいます。ですので、売却しないでずっと持っていて、塩漬けしていただけです。株はいつかは上がります。しかし、いつあがるかは誰にもわかりません。価格が下がっているときに購入して、運よく上昇すれば、数万円儲かりますが、多くは損切りをして、被害を止めます。株価はいろんな状況でアップダウンします。企業の業績はもちろん影響しますが、業績がよくても経済状況が悪いと思ったより上がりません。また、最近では、海外の市場の動向、アメリカの経済状況により大きく左右されます。素人が行うにはちょっと危険な部分があります。

続きを読む