どうしてみんなは株に興味がないんだろう。2年前僕はおんぼろアパートの1階に一人寂しく住んでいました。そしてそれからたった2年で結婚し、今では都内某所のマンション15階に家を借りています。あれもこれも、株のお陰です。

株投資のルートは三つ!三井不動産について

株式投資をする際に利益を上げるルートは三つあります。配当金と株主優待、それに持っていた銘柄を売った時に発生する譲渡益です。このうち譲渡益につきましては、買った時の価格より高く売ればそれだけ利益が多くなりますので、投資の鉄則は安く買って高く売ることです。なるべく安く買うコツはいろいろとありますので、この点を研究していくことが不可欠です。なお配当金や譲渡益には通常20%の税金がかかりますが、もし少額投資非課税制度NISAを起用すれば非課税にできます。NISAの制度の適用を受けるためには年間で120万円までという限度額があるのですが、その範囲で運用するという人にはきわめて得になります。また配当金と株主優待を受けるためには、その企業の権利確定日という日に株主名簿に名前が載っていなくてはなりません。さらにその確定日当日に株を買っても遅く2営業日前には購入し終えていなくてはなりませんので、細心の注意が必要です。今後配当の増えそうな有望な企業の一つに三井不動産があります。三井不動産は最近大型物流施設に特化したリートも上場していますし好調ですが、東京都内の一等地日本橋日比谷八重洲地区の大型再開発を行ないます。2020年には東京でオリンピックが開かれますし、事業としてとても期待が持てます。また東京都内ではさらに統合型リゾートIRの推進も期待されています。新しく就任した東京都知事はIRに積極的ですので、以前から計画があった東京都内に実現するのではないかと推測されています。その場合に三井不動産は大手建設会社やテレビ局と共同で建設するメンバーですので、このIRの面でも業績有望と考えられています。このように三井不動産は今後株価の上昇が期待されますので投資先として有望です。