どうしてみんなは株に興味がないんだろう。2年前僕はおんぼろアパートの1階に一人寂しく住んでいました。そしてそれからたった2年で結婚し、今では都内某所のマンション15階に家を借りています。あれもこれも、株のお陰です。

株で手に入るのはお金だけではありません

株には仕手株や低位株、注目株など様々な銘柄がありますが、それらの株取引を行うことで手に入るものとして真っ先に挙げられるのはお金です。売買差益や配当金といった利益を積み重ね、大金を稼ぐことが株式取引の醍醐味であることは間違いありません。しかし、株式取引を行うことで手に入るものは、お金だけではないのです。
その筆頭が時間です。株式取引は、数十秒から数分という時間で次々と売買を繰り返すスキャルピングトレードや一日のなか取引を完結させるデイトレードを除いて、一日中パソコンの前に座ってチャートを眺めている必要はありません。一度銘柄を選んで購入したら、利益が出るまで放置していても問題ないのです。その間は自由な時間となり、家事や趣味など好きなことを行う時間に充てられます(ただし、注目株の銘柄一覧はしっかり押さえておきましょう)。
現在の労働環境は優れているとは言えず、通勤時間も含めると一日10時間以上拘束されることも珍しくありません。しかし、株で稼ぐことができるようになれば自由な時間を手に入れられるのです。
また、上場されている銘柄を購入することは株主になることでもあります。つまり、経営に参加する権利を得られるのです。株主総会に出席して経営者に意見を述べることや、場合によっては退任を要求することすら可能です。この権利はその企業に勤めている社員ですら与えられているものではなく、その企業に投資を行っている人のみが有する権利なのです。
さらに、経済や会計に関する知識も得られます。株式市場は国内経済や世界経済の情勢に大きく影響され、経済知識が無ければ相場の波に乗ることができません。また、企業の財務諸表を分析する会計知識があれば、決算情報から企業の本当の財務事情を見抜くことができるのです。
このように投資は大金を稼ぐということが夢では無い世界です。初心者の参入も近年では多くなっていますが、自身のノウハウに不安があれば投資顧問の助言を求めるのも良いでしょう。投資顧問には様々な特徴がありますからそちらも合わせて検討することが大切です。また、ファーストリッチ投資顧問は良い評判が多いと言われていますが、そういった良い評判が多い投資顧問を選定するということも重要です。
売買に成功すればお金を手に入れられることはもちろん、お金以外にも手に入るものが多くあるのです。

■株をやる際は証券会社も調べましょう
証券会社のランキングも参考にしよう